ここから本文です

電子コンテンツビジネス

将来的な電子コンテンツの市場拡大を見据えて、トーハンは、書店が電子コンテンツの販売に参画するシステムとして、Digital e-honというサービスを提供しています。

インターネットで電子書籍を購入していただけるDigital e-honを提供することで、商品の選択肢の幅を広げ、購買機会の向上に寄与しています。

読者が本を探し、探しても見つからず、在庫切れや絶版になっていれば、読者の購買機会と書店の販売機会が損なわれます。電子コンテンツであれば書店は物理的な在庫スペースが不要な上、バーチャルな品切れのない在庫を持つことが可能です。さらに、将来的にはオーディオブックや電子新聞、音楽や映像・ゲームといったあらゆる電子コンテンツの販売が可能になります。書店は販売アイテムが増加し、顧客満足の向上を図ることができます。

トーハンの電子コンテンツビジネスは、「読者のために」「取引先書店のために」が基本です。紙と電子両方のコンテンツを販売することで、相乗効果を図り、読者サービスの向上へと繋げています。